アップルはドローンの2つの特許を申請します、私たちはそのアップルが私たちの頭に見えるでしょうか

Appleは、無人航空機(UAV)の特許を米国特許商標庁(USPTO)に登録しました。これは、近い将来、噛まれたリンゴのアイソタイプが頭上を飛んでいるドローンを見ることができることを意味します。

パテントリーアップルのウェブサイトによると、同社はUSPTOに合計2つの特許を出願しており、独自のUAVを作成する技術に取り組んでいると予測できます。

最初の特許は、ドローンとそのコントローラーの間の相互作用に言及しています。このドキュメントを通じて、AppleはUAVとそのコントローラーのペアリングと接続および切断の機能について説明します。実際、このレポートは非​​常に厳密であるため、飛行デバイスをワイヤレスコントローラーに接続するために使用されるガジェット、システム、および方法について詳しく説明しています。

この技術の開発は、ワイヤレスデザインのチーフエンジニア、Alosious Pradeep、機械エンジニアリングのテクニカルチーフ、Javier Ruiz、エンジニアのKrisztian Kiss、Vijay Venkataramanなど、会社のさまざまな重要な名前によって実行されます。ハン・プーやスリーニ・ニンマラなど、これらの発明に関与する他の人々も言及されています。

その一部として、第2の特許は、これらの無人航空機で実行される監視と制御にさらに重点を置いています。このように、Appleは、循環ネットワークシステムを介してデバイスを監視する方法について話します。

米国で2つの特許を出願することに加えて、Patently Appleは、同社がシンガポールでも同様の特許を発行したと報告しています。ただし、これらには小さな変更があります。

死骸の木材は、典型的なハワイの木から作られています。

2回目のリクエストについては、2021年2月23日に提出されたことに注意する必要があります。ただし、その存在は11月11日、つまり先週の木曜日までわかりませんでした。 2020年3月にシンガポールで「無人航空機の監視と制御」というタイトルで特許がすでに申請されていることが現在知られているため、Appleは1年以上秘密を守ってきました。

これらの特許の登録が明らかになりましたが、これはAppleが最終的にドローンを発売することになるという意味ではありません。そのような可能性はありますが、ブランドがUSPTOなどの機関に特許を登録する場合、将来のデザインの盗難から身を守るために登録します。

これらの特許は、製品で常に実現するとは限りません。それにもかかわらず、無人航空機の市場は非常に興味深いものであり、Appleがドローンを前進させることを選択する可能性が非常に高いことを心に留めておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *