オレンジスペインは、このセクターでの購入をサポートしています

Orange SpainのCEOであるJean-FrançoisFallacherは、「スペインの電気通信市場の統合については多くの騒ぎがある」ことを認識しており、したがって「噂についてコメントしない」ことを好みました。それにもかかわらず、オレンジのスペイン子会社の最高経営責任者は、elEconomista.esからの質問に対して、彼のグループは「スペイン市場で発生する可能性のあるあらゆる動きは、私たちがそれに含まれているかどうかにかかわらず、明らかに前向きである」と考えていることを明らかにしました。または私たちなしで。」

四半期決算を発表するための仮想記者会見で、ファラチャー氏は、特に米国の大規模なOTTが存在する環境では、「市場の簡素化に沿ったものはすべて、投資している事業者にとってプラスになる」と主張しました。彼らは彼らが運営するネットワークにユーロを投資しません」。彼の意見では、プレーヤーの数が多いことは「ヨーロッパの他の地域と比べてスペイン市場の特徴である」と同様に、「小さくない5番目、6番目、さらには7番目のオペレーターが存在する場合も同様です」。まったく」。この架空の企業のダンスでは、オレンジスペインのCEOは、CNMCまたは欧州委員会の決定の可能性により、テレフォニカに影響を与える統合の動きである「非常に複雑な」と考えています。

エルエコノミスタからの質問に答えて、ファラチャー氏は、「この種の購入の噂は、この時期に過去に起こったように、最終的には何も起こらずに時々起こる傾向がある」と述べた。このシナリオを踏まえ、オレンジスペインは、「2023年の成長への回帰、ジャズテルとシミョの場合の販売チャネルの強化、プレミアムブランドとしてのオレンジの強化、コンプライアンスへの取り組み」からなる「基本シナリオに向けて」の準備を選択しました。グループと市場が私たちに期待すること」。

一方、Fallacherは、過去2020年を「顧客の切断(解約)率の著しい低下、固定ブロードバンドの5ポイントの改善、顧客の携帯電話の6ポイントにつながる大きな変革の年」と評価しています。 「顧客体験の向上に感謝します」。幹部はまた、事業者のさまざまなブランドの強みと「価値のある顧客の数を増やすためのセグメンテーションへの注力」を強調しました。同様に、オレンジスペインのCEOは「大幅な増加」に影響を与えました。さらに、Fallacherは、同社が非常に高いレベルの投資を維持していることを思い出した後、「事業セグメントは非常に重要な兆候である成長に戻る」と説明しました。顧客にプレミアムサービスを提供するために、ファイバーと4Gおよび5Gスペクトルに15億ユーロが割り当てられています。

プログレッシブエンハンスメント
昨年の結果について、オレンジスペインは、トレンドが4四半期連続で改善した後、2021年に子会社が閉鎖し、2021年の総売上高は47億2000万ユーロで、前年より4.7%減少したと説明しています。複雑な競争環境」。それにもかかわらず、オレンジスペインは、B2CとB2Bの両方の「小売」サービス(固定サービスのみ、固定電話のみ、モバイルのみを含む)の売上高を着実に増加させ、第1四半期の-10.2%から-8.3%に減少しました。 2つ目は、3つ目が-7.9%、4つ目が-5.4%です。これは、「したがって、会社の商業的牽引力の進歩的かつ持続的な回復を確認し、

さらに、声明によると、オペレーターの商業的進歩は、「スペインでのオレンジの顧客ベースの成長に反映されており、前年と比較して152,000の新規ファイバー顧客と145,000の契約モバイルユーザーが追加されました」。これらすべての理由により、同社は2021会計年度を20,357,000の顧客で締めくくり、そのうち16,325,000は携帯電話(10,720,0004Gおよび886,0005G)および4,032,000の固定ブロードバンド(3,507,000は光ファイバーサービスを使用)でした。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.