より多くのフィンランド人がnatoメンバーシップの利点を見る

フィンランド人は、NATO加盟がフィンランドに利点をもたらすと信じており、ヘルシンギンサノマが委託した調査を明らかにしています。

回答者のほぼ3分の2(64%)は、メンバーシップが危機の抑止力として機能し、フィンランドに対する攻撃が発生した場合に防衛同盟からの軍事支援を保証すると推定しました。その割合は2月から18パーセントポイント増加しています。

回答者の増加する割合(45%)はまた、メンバーシップがロシアに対するフィンランドの地位を強化すると推定しました。 2月の割合は27%でした。

回答者は、NATOに参加する場合と参加しない場合の両方について、調査で提示された8つの議論をいくつでも選択するように求められました。

また、参加に関する他の5つの議論はすべて、2月よりも説得力があると見なされました。たとえば、メンバーシップによって最先端の軍事技術へのアクセスが提供されると回答した回答者の割合は17%から33%に上昇し、メンバーシップは最終的に22から31パーセントまで西部の一部としてフィンランドの自然な位置を固めるであろうと言いました。

回答者の84%が、NATOに参加するための少なくとも1つの議論に同意しました。これは、2月から15ポイントの増加に相当します。いずれの議論にも納得しなかった回答者の割合は、先月の17%から9%に低下しました。

回答者の84%がNATO加盟に反対する議論を見つけましたが、調査によると、この点で世論の変化はそれほど劇的ではありません。

メンバーシップがフィンランドとロシアの関係を侵食すると判断した回答者の割合は57%にとどまり、メンバーシップがフィンランドの領土で紛争を引き起こす可能性があると判断した回答者の割合は41%でした。

フィンランド軍が海外での武力紛争に配備される可能性によって抑止された回答者の割合は47%から52%に上昇し、フィンランドが国際紛争に巻き込まれる可能性によって抑止された回答者の割合は42%から43%に上昇しました。セント。

フィンランドが東西の仲介役としての役割を失ったことは、2月の38%に対して、回答者の34%がメンバーシップに反対する議論と見なされていました。

回答者の10%は、8つの議論のいずれもメンバーシップに反対していないと推定しました。これは、侵入前に実施された前回の調査から3ポイントの増加を表しています。

調査はKantarTNSによって実施されました。

フィンランド政府は、外交政策と安全保障政策に関する政府報告書の起草を開始しました。その1つの要素はNATO加盟です。多くの政党が発表しました

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.