中国人男性、日本初の時間制限のない技術労働者ビザを取得

基盤施設省とある支援団体は4日、35歳の中国人男性が、外国人ブルーカラー労働者の日本滞在を有効に認める初めての住民になったと発表した。

岐阜県の建設会社で働く翁飛さんが、外国人労働者の誘致と深刻な労働力不足の解消を目的に2019年に新たに導入された「特定技能2号」ビザを取得した。

建設業と造船業の2つの業種の熟練労働者は、特定技能2号ビザを取得することで延長を申請することができ、家族のための家族ビザを取得したり、来日したり、将来永住権を申請することができます。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.