日本の夏のサンマ漁、ロシアの緊張で見送りの可能性

日本の共同通信社の報道によると、日本の漁業団体は14日、日本がロシアに対して実施した制裁措置の影響を受け、5月から7月にかけて公海で行う予定だったサンマ漁が見送られると表明した。

北太平洋での初夏のサンマ漁は、不漁に加え、ウクライナ情勢が緊迫化する中、ロシアが日本の漁船を拿捕するのではないかという懸念が広がっていることから、3年連続で中止される見通しです。日本サンマ漁業連合会は14日、「初夏のサンマ漁」に出漁する漁船がないと発表した。日本の漁船は通常、ロシアの海岸線から200海里または370キロメートルにわたって航行し、サンマ漁地域に到達しているが、日本の対ロシア制裁の影響で、多くの漁民がこの計画を断念せざるを得なくなっている。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.