「塩気を強くする」電子箸を開発

[東京19日ロイター]によると、日本の研究者は塩味を強める電子箸を開発し、食事中のナトリウム摂取量を減らす必要がある人に役立つ可能性がある。記事によると、この箸は明治大学の宮下芳明教授と日本の飲料メーカーであるキリンホールディングスが共同開発したもので、電流刺激と手首に装着したマイクロコンピューターを利用して味を向上させている。宮下さんによると、食べ物のナトリウムイオンを微小電流で箸を通して口に伝え、塩味を出す。彼は「塩味を1.5倍にすることができる」と話した。

それによると、日本の成人の一日の平均摂取量は10グラムで、世界保健機関(WHO)の推奨摂取量の2倍。食塩の取りすぎは高血圧や慢性腎臓病などの原因になりやすい。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.