デジタル化が加速する日本の百貨業界、課題に対応

日本百貨店協会がこのほど発表した統計データによると、2021年の日本全国の百貨店の売上高は4兆4000億円で、2020年より約2000億円増加した。しかしcovid-19が発生する前の2019年と比べると、減少率は2割を超えています。

2021年末に国内での流行がある程度収束したことを受け、百貨店各社は好調に推移している。令従事者は考えていなかったが、今年初め、日本国内の密グラムディジョン抽出拡散し、感染が急速に上昇し、各デパートの乗客がまた大きく下落している。

統計によると、2021年の日本全国4.4ちょう円と、デパートの売上高はしたが、感染前の2019年と比べると、幅は20%を超える。

2022年の元旦休暇期間中、日本ではある百貨店の売上高が前年同期比5割増となり、特に婦人服などの販売が好調だ。日本百貨店協会の統計データによると、東京と大阪の主要百貨店の元日セールシーズンの売上高は2021年同期比20%増、来客数は30%増だった。しかし、オミクロン株の拡大に伴い、日本の百貨店が再び営業時間と範囲の制限を要請されたことで、百貨店業界は再び冷え込み、2020年に日本の百貨店経営者の頭を覆った疫病の影が再び襲ってきた。

市場調査会社「マイエル」の2021年の調査によると、日本の百貨店の利用頻度は半年に1回以上が約45%、月に1回以上が20%を下回った。従来からの6回連続の同じ内容の比較調査を見ると、デパートの活力の主要指標である乗客は萎縮し続けた。

もちろん、日本の百貨店は苦境を多角的に突破しようとしている。デジタル化の加速は、大手百貨店各社のほぼ共通の取り組みである。三越伊勢丹は、オンライン上の最小在庫単位(SKU)を高めることで、オンライン上の売上高を押し上げたいと考えている。高島屋では、食品や化粧品に力を入れ、オンライン事業をさらに推進しています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.