日本各地で教員不足、政府が教員免許のない者に積極的な応募を呼びかけ

21日、日本放送協会(NHK)によると、2022年以降、日本各地で深刻な教員不足が起きている。これを受けて、文部科学省は新たな免許制度を設けるべきだとして、教員免許を持たない社会人人材に積極的に応募するよう呼びかけています。

報道によると、日本の文部科学省が2021年に実施した調査によると、日本の公立の小中学校と高校では計2558人の教員が空席となっており、今年も教員数の不足が続いている。文部科学省は、このような問題を緩和するため、博士号取得者や国際コンクール入賞者の基準を緩和し、教員資格証を持たない人には臨時証明書を発給する特別免許制度を設けるべきだとしている。

これについて、日本大学の末富芳教授は、「政府が事態の深刻性を認識し、十分な教育予算を確保し、根本的な問題を解決できる対策を講じてほしい」と指摘した。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.