日本は最初の正体不明の肝炎患者を見つける

原因不明の小児の急性肝炎の最初の症例が25日に日本で報告されました。日本放送協会(NHK)によると、欧米でのこれまでのほとんどの症例とは異なり、患者はアデノウイルスで検出されませんでした。報告書は、厚生労働省が確認された症例は16歳未満の子供であると述べたが、彼の特定の年齢、性別、居住地およびその他の情報を発表しなかったと述べた。患者は現在治療を受けています。小児に蔓延しているこの未確認の肝炎は、最初に英国で発見され、その後、デンマーク、アイルランド、オランダ、スペイン、および米国で発見されました。

世界保健機関が発表した情報によると、4月21日現在、英国を中心に、世界12か国で169人の未知の肝炎感染者が診断されており、すべて1か月から16歳までの17歳です。その人は重病になり、肝臓移植を必要とし、1人の患者が亡くなりました。

現在のところ、この肝炎の原因は不明です。 WHOの報告によると、実験室での分析により、これらの症例はA型、B型、C型、D型、およびE型肝炎ウイルスが原因である可能性が除外され、一部のサンプルで新しいコロナウイルスまたはアデノウイルスが検出されました。疾病管理予防センターは声明の中で、現在知られていることに基づいて、アデノウイルスがこれらの症例の原因である可能性があると述べた。数十のアデノウイルスが知られており、その多くは風邪の症状、発熱、喉の痛みなどに関連しています。一部のアデノウイルスは胃や腸の炎症を引き起こす可能性があります。アデノウイルスは、上気道疾患、下痢、または結膜炎を引き起こす可能性のある遍在性のウイルスですが、一般的には軽度です。深刻な合併症は、癌やエイズなどの免疫システムが損なわれた場合にのみ発生します。感染したほとんどの子供には基礎となる病歴がないため、まれです。

長崎大学の小児感染症教授である森宏氏は、手を洗い、食品衛生に注意を払うことで肝炎ウイルスを予防できると述べた。新しいコロナウイルスと同様に、家庭や幼稚園で徹底的な手洗い防止を実施する必要があります。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.