流行後、より多くの海外の富裕層を日本に旅行させるために、日本の政界と経済界は共同で旅行専用のウェブサイトを開設しました。

京堂ニュースのウェブサイトは最近、日本の鳥取県庁、ANAホールディングス、ジャパントラベルコーポレーションなどが、計画からレセプションの手配まですべてを観光客に提供するために、日本を訪れる海外の裕福な人々のための専用ウェブサイトを共同で開くと発表したと報じた。新たな鳥取県庁の終焉後、日本の観光産業の活性化を支援するワンストップサービス。

海外旅行市場では、資産が100万米ドルを超える富裕層が総消費量の約4割を占めると言われています。日本は欧米に比べて裕福な人を受け入れる経験や才能が不足しており、受け入れ体制の改善が課題となっています。

専用ウェブサイトは、海外の旅行代理店やその他の裕福な顧客を持つ組織を対象としています。プライベートジェットやヨットを手配したり、お客様の興味に応じて自然やアートなどのテーマ別ツアーを計画したりできます。

東京で開催されたウェブサイト開会式では、瀬戸内海を巡航し、デザイン豊かな建築や有名な彫刻家の作品を鑑賞するツアー商品や、岐阜県多治見市の陶芸家から学ぶ体験ツアーを紹介しました。県。式典に出席した旅行代理店の幹部は、「映画や小説のクリエイターのような旅行デザイナーを育成する必要がある」と述べた。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.