日本の人口の半分以上がCOVID-19ワクチンブースターを受けています

現地時間25日、日本政府のデータによると、日本の人口の半数以上が3回目のCOVID-19ワクチン接種を受けており、65歳以上のワクチン接種率は86.9%と高くなっています。しかし、若者の予防接種率はまだ低く、20代と30代の人々のそれぞれ30.1%と33.2%だけがブースターショットを受けています。

報告書によると、COVID-19ワクチンはオミクロン変異体の蔓延を抑えるのに効果的であることが示されています。報告によると、シンガポールや英国などの国では、新しいクラウンワクチンブースターのワクチン接種率が高くなっています。シンガポールの土曜日の率は73%でした。日本南西部の長崎大学の研究によると、16歳から64歳の人々の間で、ワクチンの3回目の投与はオミクロン株の発生を防ぐのに69%効果的でしたが、2回の投与を受けた人は43%でした。

千葉大学医学部と神戸大学での研究でも、3回目の投与のある程度の有効性を示す結果が得られました。保健省によると、3月20日の時点で、医療機関は、総投与量の0.01%未満しか生成しなかった米国製のModernaおよびPfizerワクチンの3回目の接種による副作用を報告しました。

保健省は、発熱、頭痛、倦怠感などの副作用について医療従事者を分析しましたが、ほとんどは数日以内に消えました。 10日以上続く副作用はまれです。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.