日本政府は価格上昇に対処するために経済救済計画を展開します

日本政府は、物価上昇の圧力を和らげるため、26日、関係閣僚会議を開催し、6.2兆円(約482億米ドル)の資金を投入し、物価上昇に応じた緊急措置を講じる計画だ。地元メディアの報道によると、この計画は主に、石油価格の抑制、安定した食糧供給の確保、中小企業の支援、困窮している家族の支援という4つの側面を対象としています。

計画はエネルギー部門に焦点を合わせています。日本はエネルギー輸入に大きく依存しており、日本のエネルギー価格は1981年以来の最高水準に達しています。したがって、日本の支出計画の大部分である約1.5兆円は、エネルギー価格の高騰に対処するために使用されます。ガソリン価格の高騰を抑えるため、政府は石油業者への最大補助金を1リットル当たり25円から35円に引き上げ、今年9月末まで延長する。

また、日本の支出計画の1.3兆円は、中小企業を支援するために使用されます。具体的には、日本政府は、金融機関が流行の影響を受けた中小企業に提供する貸付金利をさらに引き下げ、企業は9月末までほとんど無利子で無担保で借りることができる。政府はまた、インフレに対応して事業を再構築する企業のために新しい補助金を設定します。

日本の支出計画はまた、低所得世帯やその他の援助プログラムを支援するために1.3兆円を提供しています。日本の家族の子供一人当たり5万円を受け取り、基金のこの部分は合計2000億円になります。さらに、漁業、伐採、小麦セクターの関連会社も補助金を受け取ることができます。また、この支出計画では、地方自治体が自主的に支援策を実施するための「地方創立臨時支給基金」を増やすために8000億円を提供する予定です。これに加えて、新計画の約2兆円は、観光のイメージを向上させるための取り組みを含む他のプロジェクトに資金を提供するために使用されます。

報道によると、計画の財政支出部分は、今年度に確保された予算から最初に支出される予定です。同時に、政府は、準備金のギャップを埋め、フォローアップ資金の源泉を確保するために、今年度の補足予算の準備をスピードアップしている。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.