世界初の電気タンカー:日本の東京湾で就航

日本放送協会のウェブサイトによると、世界初のCO2ゼロエミッション電気タンカーが数日前に完成し、4月26日に日本で就航しました。タンカーは4月26日にMOL自動車運搬船のバンカリングを完了しました。

報道によると、最近、電動タンカー「あさひ」が登場しました。タンカーは長さ203フィート、幅34フィートで、1,277立方メートルの原油を輸送できます。100台の電気自動車に動力を供給できるバッテリーとモーターを使用し、従来のエンジン駆動のプロペラに取って代わります。低振動、低ノイズの特性を備えています。と広いリビングエリア。現在商業用に使用されており、バッテリー駆動のボートの開発を支援するデモ船と見なされています。石油タンカー「あさひ」は、運転時に二酸化炭素を排出せず、将来的には東京湾内の他船の燃料として重油を輸送する予定です。

船舶の脱炭素化という目標を達成するために、海運大手の日本郵船などの企業は、燃焼後に二酸化炭素を放出しないアンモニアを燃料として使用する新しい船種を開発し、環境に優しい新世代の研究開発を行っています。船はますます活発になっています。現在、2隻目の電気タンカーの建設が請け負っています。この船はZosenKK造船所で建造され、2023年3月に引き渡される予定です。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.