日本の子供の人口は41年連続で減少しています

総務省が4日に発表したデータによると、14歳以下の人口は41年連続で減少し、過去最低を記録した。データによると、4月1日現在、日本には14歳以下の子供が1,465万人おり、そのうち約750万人の男子と715万人の女児がいます。

日本の子供の総数は1982年以来41年連続で減少しています。今年の4月1日現在、日本には男児が約751万人、女児が715万人おり、年少の子供ほど子供の数は少なくなっています。総人口に占める日本の子どもの割合は11.7%で、48年連続で減少しています。 65歳以上の高齢者人口は総人口の29%を占めており、これは日本社会における少子高齢化という深刻な問題を反映しています。現在、沖縄県の子どもの割合は16.5%と最も高く、秋田県は9.5%と最も低くなっています。

国連人口基金によると、日本は人口4000万人以上の35カ国の中で最も低い比率であり、イタリアの12.9%や韓国の11.9%を下回っています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.