日本の4月の新車販売は前年比14.4%減

共同通信によると、日本自動車販売協会と全国軽自動車協会が2日に発表したデータによると、4月の日本での新車販売台数は前年同期比14.4%減となった。 299,600台、前年同月比10ヶ月連続のスリップ。

報告書によると、軽自動車(登録車)以外の車両は15.0%減の178,800台で、8ヶ月連続の減少となった。大手自動車のトヨタ自動車が15.9%減少し、ホンダが28.3%減少したなど、多くの自動車ディーラーが大幅に減少した。一方、日産自動車、スバル、ダイハツ工業は売上を伸ばした。

軽自動車は13.4%減の120,900台で、11ヶ月連続で減少した。スズキは17.1%減少、ダイハツは7.0%減少など、すべてのブランドが減少した。全米軽自動車連盟は、5月以降も半導体不足やエピデミックの影響を受け続けると指摘し、「状況は非常に複雑で、将来を予測することは不可能だ」と述べた。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.