日本の東京の価格は4月に1.9%上昇し、7年間で最高の上昇となりました

共同通信は5月6日、総務省が6日に発表した4月の東京23区(生鮮食品を除く)の消費者物価指数の暫定値が1.9上昇したと報じた。前年同期比101.3%。原油・原材料価格の高騰を背景に、2015年3月から約7年間で最大の伸びとなった。昨年春以降、携帯電話通信料の値下げによる指数引き下げの影響は一時的に停止されており、一定の影響もあります。

この数字は、日本銀行が消費者物価上昇のために設定した2パーセントの目標に近いものです。ただし、家計負担が増大する懸念もあります。指数の前年比傾向は8ヶ月間続いた。今月20日に発表される全国指数の見通しの指標として、東京23区の指数が注目されている。

エネルギー価格は大幅に上昇し、24.6%に達しました。その中で、電気とガソリンの価格はそれぞれ25.8%と14.3%上昇しました。生鮮食品以外の食品価格も、小麦や牛肉などの価格上昇により2.3%上昇した。食事パックは8.4%増加し、外食は1.5%増加しました。円安による輸入価格の高騰も一因となった。携帯電話の通信料金は22.5%減少しました。低価格の携帯電話料金パッケージは昨年春に開始されたが、開始から1年以上経過しており、前年比の影響は緩和傾向にあり、3月の52.7%を大幅に下回っている。この年。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.