日本の食品会社では「アップグレードとリサイクル」ビジネスが普及しています

6日の日本のNHKテレビ局によると、最近、廃棄物を宝物に変える「アップサイクリング」ビジネスが、果物の皮やその他の人々が通常捨てる材料を積極的に開発している日本企業、特に食品関連企業で人気があります。加工食品事業。

「アップサイクリング」とは、価値のある商品を作るために捨てるべきだった廃棄物をリサイクルすることです。日本の大手食品配送会社は、関連製品の製造に成功し、梨のシャンクをスナックチップに、バナナの皮をジャムに変えることで、廃棄物を食用で商業的に価値のある商品に変えました。 4月末に東京に期間限定店をオープンし、バナナピールジャム145グラムを630円で販売。値札は少し高いですが、食品廃棄物を心配する多くの消費者を魅了しています。

同社は関連産業の拡大を計画しており、担当者は「このような環境にやさしく、安全に食べられる商品が人々にさらに認知されることを期待している」と語った。関連製品の開発も行っています。最近、日本の有名な飲料会社が研究開発を進めており、今月、同社のコーヒーチェーン店で販売される予定の焙煎コーヒー豆の皮からストローを作る予定です。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.