ロシアは63人の日本人の入国を恒久的に禁止しています

現地時間の5月4日、岸田文雄首相と多くの高官は、ウクライナ危機をめぐる両国間の緊張が高まる中、日本に新たな制裁措置を課すための立ち入りを無期限に禁止される。

ロシア外務省は、日本政府がロシアに対して前例のない反ロシアキャンペーンを開始し、名誉毀損や直接の脅迫を含む容認できない発言をしたと述べた。日本政府は、ロシアとの良好な近隣関係を弱体化させ、ロシアの経済と国際的地位を損なうための実質的な措置を講じています。

上記およびロシア当局を含むロシア市民に対する日本政府による制裁を考慮して、ロシアは、日本の首相および外務大臣を含む63人の日本人のロシアへの入国を無期限に禁止します。リストには、高官、メディア労働者、および学者など

5月4日、岸田文雄首相は、彼と他の62人の日本人がロシアに入国することを禁じるというロシアの決定を受け入れることができないと述べた。

3月初旬、ロシア政府は、ウクライナ情勢をめぐって西側がロシアに課した制裁措置を受けて、「不利な国と地域」のリストをロシアに公式に発表した。以前は、西側諸国はロシア中央銀行の海外資産、さまざまな事業体やビジネスマンを複数回の制裁措置で凍結し、一部のロシアの銀行を米ドルとユーロが支配する通貨市場から切り離し、多くの外国企業も不確実な見通しのために撤退することを選択しました。ロシア市場。

ルーブルが徐々にウクライナ以前のレベルに回復するにつれて、ロシアは西側の制裁に対するさらなる対抗策を開始している。 5月に入ると、ロシアのウラジーミルプチン大統領は、ウクライナの状況に対して「不利な国や地域」によって課せられた経済制裁でロシアを標的にすることを目的とした複数の法令に連続して署名しました。プーチン大統領は以前、「ロシアに対する西側の「経済的電撃」は失敗した」と述べた。ロシアのルーブル天然ガス取引の和解が5月に正式に開始されることは注目に値する。ポーランド、ブルガリア、その他の反対を明確に表明した国に加えて、ヨーロッパの10か国は、この取引規則を暗黙のうちに受け入れました。ロシア政府が指定した銀行に、その後の天然ガス取引の決済のためにルーブル口座を開設しました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.