日本は6月から段階的に国境管理を緩和する

日本の岸田文雄首相は木曜日(5月5日)のロンドンでの演説で、6月から段階的に国境管理を緩和する計画であることを明らかにした。しかし、彼はまた、5月上旬に終わったばかりの日本のゴールデンウィーク後の日本の流行状況を確認しなければならないと付け加えた。

昨年末、日本は当初、非居住者の外国人の入国を事実上禁止し、措置が厳しすぎると国内外で批判を呼んだ。

日本政府は徐々に規制を緩和してきましたが、現在、日本では1日1万人を目標に、ビジネスマン、学生、外国人労働者などの入国が認められています。旅行制限を緩和するためのビジネスコミュニティからの呼びかけが増えています。日本政府のパネリストは最近、国の旅行規制は「できるだけ早く」正常化されるべきであると述べた。報道によると、将来の最初の開業により、移民の数は1日あたり2万人に増える可能性があり、完全に開業するまで、状況に応じて段階的に制限が緩和されます。

コロナウイルスの大流行以前、日本は2020年に4000万人の外国人観光客を誘致することを目標に、経済成長の推進力として観光を促進することに熱心でした。しかし、世界的な健康危機の中で、日本での厳格な国境管理や他国による同様の措置により、それは不可能になっています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.