日本の国土交通省は、沈没事故に関与した会社の営業許可を取り消す予定です

現地時間の5月7日、北海道知床半島近海での遊覧船の沈没に対応して、通商省は、事業を中止するための最も厳しいかつ前例のない罰を受けることについて話し合っている。船会社「知床観光船」の免許。 7日に事故が起こってから2週間が経ちました。これまでのところ、同社は出荷管理を怠っていることが判明しています。通信省はこれを重視し、特別検査を実施し、14人が死亡、12人が行方不明となった大事故の全体像を把握するための取り組みを強化しました。

通信省によると、海運法に基づく行政制裁の中で、事業免許の取消しが最も厳しく、法違反や事業免許の条件に該当するが、制裁の前例はない。これまでのところ。

会社については、事故当時、船長を務めていた社長が退社し、船長補佐がいなかったため、帆船の船長と定期的に連絡を取り合うことができなかった。地元の関係者は、彼の実際の仕事の経験から、彼は海運マネージャーとしての資格がないことを指摘しました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.