日本はロシアに対する制裁を拡大し、資産凍結や輸出制限などの措置を実施する

日本外務省は10日、制裁リストを発表し、ルハンシクとドネツクからの8人のロシア市民と133人の居住者、および71の指定された科学研究機関に対する資産凍結などの制裁の実施を発表しました。等は輸出禁止に関連した制裁を課しました。

また、外務省は10日、日本がロシアへのハイテク製品の輸出を禁止するなどの措置を実施したと発表した。

以前、2022年5月5日、岸田文雄首相はG7と共同でロシアに対する制裁を強化すると発表し、約140人のロシア国民に追加の個人資産凍結を課すことを決定しました。同時に、ロシアへの輸出を禁止されているロシア軍グループの数は70以上に増加し、量子コンピューターなどの最先端製品のロシアへの輸出を禁止する制裁措置も発表されました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.