ソニーの利益は初めて1兆を超え、日本の大手商社7社の利益はすべて記録を打ち立てた

ソニーは5月10日に2021年の業績報告を発表し、売上高は2020年に比べて10.3%増の9兆9,215億円、営業利益は25.9%増の1兆円を初めて上回ったと発表した。兆2,023億円。ソニーは、これまでで最高の利益を記録したと語った。特に、映画と音楽業界が最も貢献しました。ゲーム機PS5の販売台数は1150万台を超えました。

ソニーによると、2021年の純利益も2020年に比べて14.3%増加し、8,821億円に達した。 SMBC日興証券によると、日本の国内製造業の年間利益は1兆円を超えており、これまでのところトヨタ自動車だけが唯一であり、現在はソニーが2番目になっている。

また、三井物産、三菱商事、丸紅、伊藤忠商事など、日本の国際商社7社も10日、2021年の年次業績報告を発表した。資源価格の高騰により、7社の純利益は記録的な高さを設定します。特に三菱商事の純利益は2020年比5.4倍の9,375億円に達した。三井物産も鉄鉱石価格の高騰により、純利益は2020年比2.7倍の9,147億円となった。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.