トヨタの2.9兆円の営業利益が日本一

5月11日に発表されたトヨタ自動車の2021年度(2022年3月現在)の連結財務報告(国際会計基準)によると、営業利益は前年比36%増の2.9956兆円(約1,546.21億元)となった。 2015年度(2016年3月現在)(当時の米国会計基準)は2.8539兆円を超え、6年ぶりの高水準を記録し、トヨタの記録を更新し、日本国内企業史上最高水準に達しました。

昨年度の新冠流行の影響を受け、今年度は生産を補い、業績に貢献しました。為替レートの下落傾向も押し上げられ、原材料の高騰による減益の一部を吸収した。営業利益は、アナリストの平均予想であるクイックコンセンサス(3.0202兆円)を下回った。

トヨタの売上高は前年比15%増の31.3795兆円。純利益は27%増の2.8501兆円となり、2017年度(2018年3月現在は2.4939兆円)を上回り、4年ぶりの高値を更新しました。

2021年度のトヨタの営業利益は日本企業史上最高水準に達しましたが、今年度の原材料価格の上昇は鉄鋼、非鉄金属、樹脂など幅広い分野をカバーし、物流費も急上昇しています。トヨタの最高財務責任者(CFO)である金田健太氏は11日の記者会見で、「これまでにない大きな影響だ」と危機感を示した。トヨタの改善活動は、年間3,000億円の効果を目指しており、2021年度に6,400億円の原材料費が増加した後も、今年度の原材料不足を補うことはできません。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.