日本は6月から一部の参加者を抗原検査から免除する予定です

日本政府は、6月から1日あたりの入国制限を2万人に引き上げ、一部の国や地域からの旅行者に対する抗原検査を免除することを検討しています。

日本の現在の入国方針は、日本人を含むすべての入国者が空港やその他の場所で抗原検査を受けることを義務付けられているというものです。しかし、日本政府内の一部の人々は、入国者数が2万人に増えると、既存の検疫システムを維持することが困難になると指摘しました。

日本のメディアは以前、日本政府が毎日の到着数を現在の10,000から20,000に増やすことを計画していると報告しました。これは、流行状況の包括的な調査の後、6月に正式に実施される予定です。入場対象は依然として主にビジネスマンや留学生であり、観光客の入場制限は維持されており、今後、流行状況に応じて、限られたツアーグループの入場を許可する方向に徐々に緩和される可能性があります。

新しいコロナウイルスオミクロン株の蔓延の影響を受けて、日本は2021年に1日あたりの入国制限を5,000から3,500に引き下げる予定です。その数字は、発生が緩和されたため、2022年4月に現在の10,000まで修正されました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.