日本はザリガニの販売を禁止する法律を制定し、1年以内にそれを実施するよう努めています

現地時間の5月11日、日本議会は、改正外国生物法の可決を可決しました。改正法により、日本は、ミシシッピ赤耳カメやクレイフィッシュなどの種の販売または放出を今後禁止する予定です。日本政府は、1年以内に改正法の施行に努めます。法規定は、日本の生態系を保護し、生態系に影響を与える可能性のある外来種を制限することを目的としています。

外来生物法は、日本政府が将来生態系に影響を与える可能性のある外来種に対するさまざまな形態の管理を許可することを規定しています。次に、日本政府は、外国生物法に基づき、特定の法令を制定します。一方、クレイフィッシュ、ミシシッピアカメなどは、ペットとして飼育または捕獲することが許可されていますが、他方では、販売、輸入、自然放出を目的とした販売、繁殖は禁止されています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.