日本を訪れる観光客が急減し、通訳・ツアーガイドである「全国翻訳ツアーガイド」が困っている

日本の「全国翻訳ツアーガイド」は、訪日観光客向けの翻訳・ツアーガイドサービスを提供する職業であり、来日観光客向けの通訳・ツアーガイドを務める「全国翻訳ツアーガイド」は引き続き困っています。新たな王冠の流行により、日本を訪れる観光客は急激に減少しました。過去2年間、基本的に収入がない人もいたため、ツアーガイドの翻訳をやめ、他の業界に転向しました。業界は将来的に人材が不足することを懸念しており、日本政府に支援政策の拡大を求めています。

アンケート調査の結果は、2021年にはツアーガイドの80%がツアーガイドからの収入がゼロになることを示しています。もともとアルバイトをしていた人もいますが、業界では20%から30%が転職しているとの見方があります。適格性も低下しています。 2021年には3,834人の候補者がおり、COVID-19以前の年から47%減少しています。資格のある人は347人で、合格率は9.1%でした。日本政府は、日本からの観光客の帰国に備えて研修費用の一部を助成しているが、業界は政府に対し、とりわけ個人への直接助成を検討するよう要請している。

全国通訳者ツアーガイドは、日本全国を訪れる外国人観光客に有料のツアーガイドサービスを提供できる通訳者ツアーガイドであり、日本の全国的な職業資格の一つです。外国語テストは現在、英語と中国語を含む10の言語で利用できます。日本政府観光局の統計によると、2021年4月現在、約26,000人がこの資格を取得しています。

過去数年間に訪日外国人観光客が急増したため、政府は、2018年に施行された関連法改正により、資格のない人々による有料ツアーガイドサービスの提供の禁止を解除しました。一方、通訳付きのツアーガイドの資格は、資格のないツアーガイドと区別するために、地理、歴史、文化を調べるだけでなく、災害対応などの知識の他の側面も幅広く調べます。日本の一部の地域では、地方自治体によって特定された特定の地域の翻訳ガイドのシステムがあります。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.